持ち歩くより安全なグループウェア

出張先などで必要な書類は、これまでなら持ち歩いたり、パソコンの個人フォルダに入れたりしていたことでしょう。

クラウド型のグループウェアは、情報漏えいなどセキュリティ面で心配、と考える人がいますが、逆の考え方もあります。

つまり、持ち歩けば紛失する可能性もありますが、クラウド上にあるデータは紛失することはありません。

書類を持ち歩くよりも安全です。大切な顧客の個人データが入ったビジネスカバンを紛失した、などというニュースが定期的に報道されることからも、持ち歩くことの危険性は明らかです。

また出張先で必要な書類の修正は、通常であればその書類を持って行く出張者にしかできません。

これからはグループウェア情報のご紹介です。

しかしクラウド型のグループウェアであれば、秘書に修正を頼んでおき、修正後の書類を出張先から呼び出して使うことができます。

このように最新のデータをいつでも取り出せるのが、グループウェアの魅力です。



呼び出すだけであれば、パソコンがなくても可能です。
タブレット、スマートフォンなど、今はパソコンよりもコンパクトでインターネットを使える端末がたくさんあります。

パソコンの個人フォルダに入れてあるデータは、パソコンのパスワードさえ破られてしまえば丸見えです。
しかしクラウド上のソフトウェアであれば、パソコンのパスワード、グループウェアのアカウントの二重のセキュリティをかけていることになります。

Yahoo!知恵袋のことなら、こちらをご参考にしてください。

テレビ会議、ビデオ会議の機能を備えているサービスであれば、出張そのものをする必要がなくなります。