, 消泡剤, 生活/暮らし

製品に発生する泡を消すことができる消泡剤

製造工程においては、液体などを流し込む際に泡が発生してしまうことがよくあります。そのままにしておくと製品の不良率が高まる上に、見た目も悪いものになりかねません。何らかの対策を施して、泡が発生しないようにするのが一番です。製品から泡を取り除くためには、流し込む液体の泡をあらかじめなくしておくのが効果的です。

例えばプラスチック樹脂などを混ぜ合わせる時は泡が立ちやすいため、できるだけゆっくりと流し込むことで発生を抑えることができます。その際にはなるべく細い糸状にすると素材の中に入っている泡が消えるのでおすすめです。しかし製造工程においてはそうした対策を施すのが難しい場合もあります。特に泡が立たないようにとゆっくりと時間をかけて投入していると、どうしても時間がかかってしまうため生産効率が下がってしまうことにもなりかねません。

そこでオススメなのが消泡剤を使う方法です。消泡剤とは材料に発生する泡を消すための添加物のことで、決められた割合に従って混ぜ合わせておくだけで泡が発生するのを簡単に防ぐことができます。添加物と言っても素材や原料に悪影響を与えることはほとんどなく、製品の質も落ちないため様々な現場で使うことができるのが利点です。消泡剤は混ぜ合わせる原材料によって種類が異なります。

そのためある消泡剤がどんな現場でも使えるというわけではありません。適正適所があるため、消泡剤を使う際にはメーカーに問い合わせてみると良いでしょう。専門のメーカーならば最適なものを紹介してくれるはずです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です