, 消泡剤, 生活/暮らし

身近な生活に溶け込んでいる消泡剤

消泡剤とは液体や乳濁液の状態の製品に泡ができるのを防ぐ、もしくはできてしまった泡を消すために添加する添加物のことで、しょうほうざいと読みます。製造現場において製品の表面の泡を消したり、豆腐製品や家庭用食用油や化粧品の泡を消したりして意外と生活に身近なところに溶け込んでいる添加物です。消泡剤はオイルタイプやエマルジョンタイプのシリコーン系、グリセリン脂肪酸エステルなどの界面活性剤、ポリエーテルや高級アルコールなどの有機系に大別できます。豆腐や油揚げの原料の大豆にはサポニンという成分が含まれており、これが製造過程で泡立つためグリセリン脂肪酸エステルが添加されるのです。

グリセリン脂肪酸エステルはデンプンの品質改良剤として使用される安全な添加物で、添加後に食品中に成分が残らないため豆腐は赤ちゃんの離乳食にも使えます。家庭用食用油に添加される消泡剤はシリコーン樹脂が多く、これは油揚げの最中に発泡して火傷をしたり、吹きこぼれによる火災を防ぐためです。業務用の食用油にあまり消泡剤が添加されていない理由は、業務用は大きな調理器具で揚げるから跳ね返りによる火傷や吹きこぼれが少ないからほとんど添加されていません。ドレッシング用の食用油にもシリコーン樹脂は添加されており、油と酢を混ぜるために容器を振った時に発泡した泡で容器が破裂しないためです。

このように消泡剤は泡を消して見た目を良くするだけでなく、安全という観点からも添加されます。消泡剤のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です