, 消泡剤, 生活/暮らし

消泡剤と食品添加物について

消泡剤は、液体に発生する泡を消したり泡の発生を防いだりするための添加物です。身近なモノの一つとしては、食品添加物に使用されています。食品添加物とは、食品の製造や加工に必要だったり品質や嗜好性を向上したりします。このうち消泡剤は「製造や加工に必要なもの」という位置づけです。

具体的には「天ぷら」「豆腐」「ジャム」「蒸留酒」などの製造工程で使われます。消泡剤を使うと「安全に調理できる」「ムラのないおいしく食品をつくれる」といった利点があります。具体的には、天ぷらなどを油で揚げる際に泡が発生すると飛び散って危険です。特に食品の工場などでは、規模が大きいので危険性も増します。

また、泡が多量に発生してしまうと加熱ムラができ、食品の品質にバラつきが生じます。これらを改善するのが役割です。消泡剤の代表的な種類は、シリコーン樹脂です。ケイ石などから得たケイ素を塩化メチルと反応させ、加水分解したあと脱水縮合してつくります。

特徴として食品に移行することはほとんどなく、最終的に食品で効果を発揮することはありません。そして、多くの場合、食品の成分表示が免除になっています。これは、食品添加物が食品に残らない場合や原材料に含まれている場合に適用されます。そのため、一般的に「消泡剤」という名前を目にすることはあまりありません。

以上のように、普段はあまり目にすることのない単語ですが、縁の下の力持ちのように人々の生活を支えてくれています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です