, 消泡剤, 生活/暮らし

泡による悪影響をなくす消泡剤

液体を貯留する容器の中に液を入れる時、泡が発生してしまうと予測していた量よりも貯留量が少なくなったり注入している時にあふれてしまいます。一定の量だけ入れることができなかったり、あふれて漏れてしまうと大きな損失になることもあります。つまり泡は発生してしまうと予想外の出来事につながり、他にも配管を流れる液の中に泡が発生すると液の循環が滞ることがあり、それが燃料だと機器の稼働に異常を起こしてしまい、このような泡の悪影響を防ぐのが消泡剤で、泡を瞬時に消すことで機器や生活を安定する役目を果たしている薬剤です。泡は表面に膜を形成してできていて、消泡剤はその膜を破れやすくする作用があり、ほんのわずかな量を液体に含ませることで効果があり、液そのものの成分を変化させないようになっています。

医療の分野でも使われていて、検査に用いる薬品に添加することで泡の発生をなくします。バリウムといえば飲むことで胃の粘膜に付着して内部を観察できるものですが、泡が発生すると邪魔をして内部の視界が悪くなってしまいます。こうなると精度の良い検査は不可能で、消泡剤は検査の精度アップに貢献しています。他にもこの製品は塗料や液体を加工してできる製品を泡を抑えることで品質をアップさせたり、食べ物の加工時に添加することで、見た目や味を良くする効果もあります。

食品から工場で作られる製品、医療分野などに幅広く使用されているなきてはならない製品です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です