, 消泡剤, 生活/暮らし

消泡剤は作業効率を改善します

発泡現象は製品製造工程において、作業能率や収率の低下などの原因になります。泡を消す必要があるので、物理的・機械的方法や化学的方法が必要です。温度や圧力の変化、超音波などによって不安定化したり、主に消泡剤添加を利用する消泡剤方法があります。消泡剤を使うと作業能率が良くなり、経済的に有利な方法です。

発泡は気液間の界面現象で、水性や油性の液体中に含まれている界面活性剤や高分子化合物が発泡因子になり発生します。効果を示すため、膜の表面張力が低下して破壊されたり、膜の表面張力が低下して不安定化するなど条件変動で消泡するという条件があります。消泡現象は発生したものを破壊できる破泡と、発生するものを抑える抑泡に分類することが可能です。メカニズムについて、表面張力の小さい破泡剤は膜に侵入し表面張力が低下していき、表面張力の高い周囲において膜から引かれていき破壊されると考えられています。

抑泡剤は泡を形成する表面に点在するので、表面張力が泡を形成できず抑える仕組みです。シリコーンオイルはおすすめで、シリコーンオイルにシリカ粉を配合しオイルコンパウンドにすることによって、水性の膜へ浸透性が得られ水性発泡液に対する破泡剤として有効的になります。シリコーンの使い方として希釈と添加量があり、シリコーンは原液で添加することができますが、添加する際分散性を向上させるため水か溶剤で希釈するのが一般的です。添加量の決定について、有効成分換算で50ppmを添加していき、効果により増減する方法が基本になります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です