, 消泡剤, 生活/暮らし

消泡剤とはどのような種類があるのか

消泡剤は文字通り泡を消す為のもので、発泡を抑える目的でも使用されることが多く、活用される用途は多岐にわたります。具体的に効果は破泡や抑泡、脱気に分けられ、異なる作用で発生を抑えたり、既にあるもの破裂させるのが特徴です。破泡表面を覆う膜を破壊することで破裂に導くもので、分子配列の物質を置き換えることで作用します。一方、抑泡は分子配列を乱す物質による作用で、薄膜を不安定化させることで新たに生まれないようにします。

脱気は気泡を結びつける作用により、大きなものを誕生させて液面へと上昇させますが、大きさの異なる2つの上昇する時間差によって破裂させる消泡剤の働きです。消泡剤はオイルを始めとして、活性剤やエマルジョンといった様々な形で流通しており、用途や対象に合わせて使い分けられます。オイルは熱に強いことから高温環境下で用いられますが、排水する際に油が問題になることがあるので、処理しないと流せないのがネックです。活性剤はいわゆる界面活性剤の一種で、親水性が高く少量でも効果を発揮しますが、コストが高いので大量に使うのには不向きです。

エマルジョンは水に対し成分を乳化させたタイプで、性能は優れていますが保存が難しく、品質を保つには正しい方法で管理することが必要です。成分は高級アルコールとその誘導体や脂肪酸誘導体、金属石鹸やシリカにシリコーンなど幅広く、主に泡が発生する排水の用途で消泡剤は活躍しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です