, 消泡剤, 生活/暮らし

消泡剤を使って泡を消し込む

消泡剤を使って気泡を消し込む工場が増えています。製造過程において、製品に多量の熱を生じさせると、冷却水に多くの気泡が発生することがあります。多くの泡を含んだままの状態で河川敷に流すと、近隣住民への悪影響や環境問題に抵触する事態にも繋がります。生産過程において、消泡剤を使った気泡の消し込みを取り入れることが必要となるのです。

工場が運営を続ける上では、問題を引き起こさないことが大切となります。日々発生する気泡に対する問題への、柔軟な対処を行うことが、消泡剤を活用することで実現するのです。消泡剤が活用される場面は、工業製品の製造工程だけではありません。豆腐などの食品を作る工場においても、幅広く活用されています。

発酵を必要とする食品では、製造工程の中で気泡が多く生じます。表面に付着した気泡を放置しては、商品として世に送り出すことは出来なくなります。泡を消し込む術を、上手に生産過程に取り込むことが大切となるのです。消泡剤を扱う事業者では、事前に受けられる無料カウンセリングが開催されています。

自社工場で使うべき消泡についてを、前もって問い合わせることが出来るのです。一口に消泡といっても、用途によって用いる方法には違いが見られます。食品の場合にはシリコーン系、工業製品の場合には有機系など、用途によって用いる消泡を変えていく必要があります。多くの工場で消泡を行ってきた事業者であれば、適切な方法に対するアドバイスを行えます。

自社に適した消泡を案内する事業者を選ぶことを心掛けましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です